和服の豆知識

今年も「浴衣はいつから着れるの?」というご質問を頂きました。

 

かつては、7月の初め頃からゆかたを着始める人が

多かったのですが、今は雑誌などで

【5月15日から京都で行われる葵祭は浴衣で】や、

【5月中旬から浴衣を着よう!】という特集も見かけるようになり、以前より早めに5月中旬から浴衣を着る人も増えてきました。

 

しかし、伝統の衣替え通りだと、一般的には7月の初め頃から8月いっぱいの盛夏と呼ばれる時期に浴衣を着ます。

 

和服に詳しい方や伝統を重んじる方は

「5月、6月にゆかた!?」と驚かれる方もいらっしゃるので

誰と一緒に出かけるか、でかける場所、また気候・体調などを

考えて判断して下さい。

 

夏の絽の着物・帯

 

毎年夏には、人気の着物雑誌「美しい着物」で、「夏の着物のルール」として夏の着物の装いの決まり事を表にしたものが掲載されます。

 

これを見ると、夏物の時期やしきたりは、毎年少しずつ変化しています。5月・6月から暑くなってきているので、夏の着物の着用時期が長くなってきています。

 

小物のあわせ方もずいぶんと変わってきています。

この表を見ると、気候に合わせて着る人に優しく、着物の伝統も変化して行っているな~と感じます。

 

詳しくは美しい着物2014夏号をご覧下さい。HPはこちらです。

 

夏の着物の着用時期の変化も、いつかブログで紹介できたらと思っています。

もうしばらくお待ち下さい。

 

※お茶会など、伝統を重んじる場所では昔の暦通りのところも多く、地方により異なる場合もありますので、臨機応変に対応して下さい。

 

浴衣の着用時期がわかって、着ていく日が決まったら、楽しい浴衣のコーディネートが始まります。何を合わせようか・・この時間が楽しいですね。

 

浴衣バッグ・女性下駄・うちわいつもの浴衣をイメージを変えるには小物をプラスするのがお薦めです。

去年の浴衣でも小物のコーディネートを変えるだけで,イメージががらりと変わります。

 

浴衣のコーディネートをできあがりを左右する、下駄や巾着、半幅帯。

お手持ちのものと一つ変えるだけでもイメージが変わります。

 

お薦めの下駄、巾着、半幅帯をお探しなら、こちらまで。今年人気の小物をぜひご覧下さい。